• Admin

🌟変化🌟

子どもの運動に携わっていると、運動能力が向上する過程を見ることができますが、まれに別人になったかのように能力が向上する子がいます。

先日卒業した6年生の中に、1年生の頃から来ている子がおり、入ってきた当初は動きが機械的で自分の身体をコントロールすることが苦手で、何をやっても他の子より時間がかかっていました。

当時は、本人も運動に対して苦手意識が強く、お母さんも「体も弱く、運動も苦手なので、人並みに運動ができるようになってくれれば」とおっしゃっていました。

それから6年の間、同学年の子や弟君達と一緒に運動してきましたが、1人だけできなかったり、終わるのが遅かったりする事もありました。しかし、彼は「頭が良く、説明の意味をしっかり理解できる」「他の人より遅かったりできなかったりしても諦めない・誤魔化さない」という大切な要素を持っていました❗️(ここで言う頭の良さとは、ペーパーテストの点数ではなく、一度言われたことを二度も三度も言われないこと、一年前に習った事を覚えている、他の子に与えたアドバイスや注意を自分の事として吸収できること等です)

今まで多くの子を見てきましたが、4年生くらいまでは、運動がとても苦手なレベルだったように思います。ですが、5年生、6年生と学年が上がるにつれて、他の子から遅れないようになり、どの種目もこなせるようになり、できない種目はほとんど無くなりました❗️

もちろん、学年が上がるにつれて、骨格や筋肉が成長してきた事も関係があると思いますが、小さな頃から様々な身体の使い方を経験してきた事、そして、それらの運動を本人が楽しんで・きちんと取り組めていた事が大きいと思います‼️

6年生の3月に測ったテストでは、歴代ベスト10(過去10年)に入る項目もありました💡

オリンピアでは、運動能力が向上する子は多いですが、この子のように別人になったかのように向上する子をもっともっと増やせるよう、今後も頑張っていきたいですね😌

運動能力の向上もですが、今年の6年生は3教室共、下級生の面倒をよく見てくれて優しい子ばかりだったので、そういった所も下の子達が受け継いでいってくらたらいいなと思います✨

62回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

癒し💕